3D MEASUREMENT
3次元計測



空 撮


◆ 低高度の空中撮影と3次元データ解析

 ドローンやラジコンヘリを用いるとセスナ機やヘリコプターによる撮影に比べ、低い高度での撮影が可能となります。そのため、小地域や対象物を絞った撮影に適しています。
 撮影位置やアングルが自由に設定でき、静止写真だけでなく、ビデオによる動画撮影もできます。 さらに写真測量の技術を用い、3次元解析することで立体データを取得することが可能です。 また垂直写真から現況平面図を作成することもできます。

用途:工事現場、河川、道路、竣工写真、遺跡調査、計画区域、その他



詳細説明へジャンプ:

空撮とデータ解析の流れ


撮影写真


立体地図


TINデータに写真データを貼り付ける


オルソ画像と等高線の出力


横断図作成

計測事例


古墳


公園


石彫刻


立像


災害


工事竣工写真

◆ 空撮とデータ解析の流れ

古墳の計測を例に空撮とデータ解析の流れを以下でご説明いたします。

撮影写真

高  度 : 80m
カ メ ラ : キャノン EOS KISS 800万画素
焦点距離 : 42mm


測量用基準杭に対空標識設置(複数点)。

すべてのデータは、この座標値(X,Y,Z)を基準として構築される。
この写真は分かりやすいように地上から撮影したものである。
空中からの写真では分かりずらいが、
実際はこのように侵食されている。

ページのTOPへ

立体地図

TINデータ作成

自動でTINデータを作成します。



TINデータとは…
全ての点データを三角形で
構築したものです。
この三角形からサーフェイスを作成します。

(TIN:Triangulated Irregular Network)



コンター作成

自動で等高線を導出します。



TINデータとコンターの統合

ページのTOPへ

TINデータに写真データを貼り付ける


360度どの方向からでも見ることが可能になります。

動画再生はこちら

ページのTOPへ

オルソ画像と等高線の出力

オルソ画像とは…
中心投影の写真を正射投影に変換した画像で通常の平面図と1:1です。

縮尺に応じて出力可能。


この画像のメッシュ間隔は10m。
この画像は、オルソ画像に自動発生した等高線を重ね合わせたものです。

ページのTOPへ

横断図作成



A-A' 断面


B-B' 断面
 すべてのデータが三次元化されているため任意な部分の断面図を作成する事が可能。

A-A' 断面図

単位:m
B-B' 断面図

単位:m

ページのTOPへ

◆ 計測事例

空撮による計測事例を他にも以下でご紹介いたします。

石彫刻

これは、ある建物に刻まれた石の彫刻です。

その一部を画像再現しました。 

現在、この建物すべてを立体再現させる実験の途中です。

ページのTOPへ

布袋像

上の画像は、360度 8方向から写真撮影し PI3000により画像再現したものです。

左の画像は各方向毎に自動TINを発生させたものです。


左の画像は、下に敷いた方眼紙を基準点(XYH)として等高線を自動発生することにより表現したものです。


 動画再生はこちら

ページのTOPへ

茂呂公園


斜め写真

これは、ラジコンヘリにより空撮したものをモザイクにしたものです。

[撮影条件]

高度約50m上空から撮影
コース4コース(1コース約10枚合計40枚を採用)
対空標識現地に20cm×20cmの標識を設置、それを基にモザイク作成

このモザイクは、ほぼオルソに近い形になっている。
そのため、ラスターとして実測平面図との重ね合わせが可能である。

ページのTOPへ

災害写真

 この写真は、H19年9月7日に群馬県に集中豪雨をもたらした台風9号の「つめあと」です。
 現地はかなりの急勾配で、崩れた方向に何もなく、全貌把握は困難でした。
そこで、ラジコンヘリによる撮影を行い、対岸からの状況把握に活用しました。
 また、この時ハイビジョンカメラによる動画撮影にも成功しました。
 このように、通常では決して見ることができない空からの映像は 今後幅広い分野での活用が期待されます。

ページのTOPへ

Photo Gallery

・群馬県 高崎市

・工事用 進捗状況

・赤城型民家の斜め写真

ページのTOPへ

空撮のお問い合せ